京都市の貸し農園・市民農園・貸し菜園・貸し畑;田舎の農地を借りて野菜栽培

協議会概要

北部農林業地域振興協議会について

■はじめに
  北部農林業地域振興協議会は、京都市の左京区北部山間地域において、包括的に地域振興を進めるために設立した組織であり、地元の5つの自治振興会と、地域に密接に関わる事業や活動に取り組む各種団体で構成しています。

  私達は、この左京区北部山間地域を「ふるさと森都市(しんとし)」と名付け、都市住民の皆様の「第2のふるさと」として、「訪れてみたい」「住んでみたい」と思っていただけるような地域づくりに取り組んでいます。

  都市住民の皆様にこの地域の魅力を肌で感じてもらうことを目的に、毎年夏に開催している「ふるさと森都市(しんとし)フェスティバル」をはじめ、自然や伝統行事、伝統文化といったこの地域の豊かな地域資源の利活用、豊かな自然を活かした秩序ある地域整備、地域づくりへの一般市民の参加促進など、これからも地域が一体となった振興策を進めて参りますので、都市住民の皆様には、ぜひこの地域を訪れていただき、地域の活性化に御協力いただきますようお願い申し上げます。


■構成団体

広河原・花脊・別所・久多・百井の5自治振興会
京都市森林組合、京都中央農業協同組合
北山クラフト共同組合、左京北部環境女性会
(財)花脊森林文化財団、㈱花脊山の家協会

■関係団体
久多里山協会、(社)洛峰ココイマプロジェクト


■会長

藤井克巳


■事務局

京都市左京区花脊大布施町196番地 花脊自治センター内

■電話番号

090‐7882‐3758



左京区北部地域について

  緑豊かな自然と伝統文化が数多く残されている左京区北部地域は、5つの地域(広河原・花脊・別所・久多・百井)で構成されています。 京都市中心部から車で約1時間走れば、この地域の豊かな大自然と田園風景が迎えてくれます。

  時にはシカやタヌキ、サルといった野生の動物たちと出会えることもあり、気持ちを和ませてくれます。手軽なドライブにとても最適な,身近な高原です。 また毎年夏には、精霊送りと、五穀豊穣、火除け、無病息災等を祈願する勇壮な火祭り「松上げ」が伝統行事として定着しています。一見の価値ありです。 都会の喧噪を少し離れ、緑豊かな山々、澄んだ清流、新鮮な空気を肌で感じることができるこの地域に、一度訪れてみませんか。

  この北部地域は、村上春樹の長編小説『ノルウェイの森』の舞台になったともいわれています。 主人公の僕(ワタナベ)が、私鉄のバスターミナルからバスに乗り、鴨川沿いを北に走り、恋人の直子さんが療養している「阿美寮」に向かう描写は、鞍馬から花脊峠を越え、別所、花脊、広河原に続く街道沿いの風景と重なります。

  峠を越え谷川に沿って杉林をバスが走り、杉林を抜けて集落に入るシーンなどは、この地域の美しさを的確に表現しています。「阿美寮」で直子さんやレイコさんが、農作業をしたり、鶏小屋の掃除をしたり、そして冬にはスキーをして過ごし、愛してやまなかった地域が、この左京区北部地域です。
ビートルズの楽曲「ノルウェイの森」をタイトルにしたこの小説は、僕に「松山ケンイチ」直子に「菊池凜子」キャストで平成22年12月に映画化されたばかりなのでご覧になった方も多いのではないでしょうか。